赤ちゃん 祝い事

ビル

生後100日の百日の祝い

赤ちゃんが産まれたら祝い事がたくさんあります。
特に1歳の誕生日を迎える前には、百日の祝いというものがあり、ぜひ行ってほしい祝い事です。
百日の祝いは、赤ちゃんが食べのものに困らないように生後100日のときはにお食い初めを行う行事です。
実際には離乳食が始まる前なので赤飯や鯛などのお祝い膳を食べさせるフリをします。
献立は一汁三菜が基本です。
お祝い膳の漆器は、男の子、女の子で違いがありますが、レンタルもできますし、最近では離乳食用の食器を使う家庭もあるので、こだわらなければあまり気にする必要はありません。
祖父母と日程を合わせてみんなでお祝いをしてあげましょう。
出席者の中で一番年上の方がひざに赤ちゃんを乗せて、食べさせるフリをしましょう。
男の子なら男性、女の子なら女性が食べさせます。
百日の祝いも記念に残したいという方には、写真館での写真撮影がおすすめです。
写真館には、子供用の和服や着ぐるみなどがたくさんあるので、きっと良い思い出になります。
ぜひ、百日の祝いを家族みんなで祝いましょう。

関連情報一覧

生後100日の百日の祝い

赤ちゃんの祝い事のマナーを知っておく

知り合いの赤ちゃんの祝いについて

赤ちゃんの祝い事はたくさんあります。