赤ちゃん 祝い事

ビル

赤ちゃんの祝い事はたくさんあります。

赤ちゃんが生まれてから1歳の誕生日を迎えるまでの1年の間に、沢山の祝い事があります。
命名、お宮参り、お食い初め、初節句、そして誕生日。
どれも、健やかに成長しますようにとの願いを込めてお祝いします。
私も出産を2回経験し、長女と長男の2人の祝い事をしてきました。
お宮参りは、私自身がお宮参りをした神社に参拝しお祓いをしてもらいました。
これから、子どもが健やかに成長しますようにと祈り、とても背筋がピンと伸びるような、そんな気持ちになりました。
そして、初節句はお雛様と兜をそれぞれ用意して盛大にお祝いしました。
お雛様と兜は、後々2人が成人した時に持たせたいので、慎重に選びました。
1歳の誕生日は、写真館で家族写真を撮り、当日は手作りのケーキでお祝いしました。
写真は、お宮参りも初節句も家族写真を同じ写真館で撮影しました。
節目での写真撮影は子どもの成長を残すことが出来るのでオススメします。
赤ちゃんの祝い事は、どれもとても晴れやかな気持ちになります。

関連情報一覧

生後100日の百日の祝い

赤ちゃんの祝い事のマナーを知っておく

知り合いの赤ちゃんの祝いについて

赤ちゃんの祝い事はたくさんあります。